父の日の由来・起源

父の日(ちちのひ)は、毎年6月の第3日曜日に父親に感謝を表す日。 1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。 引用元:wikipedia