父の日の由来・起源

父の日の始まりはアメリカ

父の日の起源は、1909年アメリカ。父への感謝として6月に礼拝したことがきっかけと言われています。それ以来、日本でも母の日と並んで、親への感謝を伝えるイベントとして定番化しています。少し前までは、母の日に比べて地味な印象もあった父の日ですが、今では母の日同様に大きなイベントして認識されています。

 
 

父の日(ちちのひ)は、毎年6月の第3日曜日に父親に感謝を表す日。
1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。引用元:wikipedia

タイトルとURLをコピーしました